生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

季刊生命誌WEBフォームより

投稿日:2018.09.28 名前:長谷川源治

自然科学が好きで勉強させていただいています。揚羽蝶の行動について詳しく説明されているので興味大です。庭に来た蝶を見て俳句の中に取り入れたり、蝶を見ながら生活の一部分としてコーヒーを飲みながら、こころを癒しています。今住んでいる地域の蝶はナミアゲハが指定されており環境は生命誌そのものなのです。紙工作が楽しくて、すぐ完成させています。これを木製にしてみたらと考えています。子供達が触ったり持てれば良いなあと思っています。

お返事

投稿日:2018.09.28 名前:中村桂子館長

「生命誌そのものの環境」という言葉、とてもよいですね。紙を木になさるという発想も興味深いです。

お返事

投稿日:2018.10.11 名前:表現を通して生きものを考えるセクター・中井

日常と生命誌の重なりを感じることのできる素敵な時間をお過ごしですね。紙工作も楽しんでいただけて嬉しいです。これからもたくさんの人に手にとってもらい、何か考えたり感じたりしていただけるような季刊誌を作っていきたいと思いますのでどうそよろしくおねがいいたします。またぜひ、生命誌研究館の食草園にも足を運んでください。チョウをはじめ、様々な植物や生きものとお待ちしています。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2018年12月17日
《自由》と【多様性】の関り…
2018年12月17日
人が生きるとは
2018年12月17日
畑新人
2018年12月13日
季刊 生命誌99号
2018年12月05日
季刊生命誌WEBフォームより

最新のお意見

2018年12月15日
《自由》と【多様性】の関り…
2018年12月14日
人が生きるとは
2018年12月14日
畑新人
2018年12月13日
季刊 生命誌99号
2018年12月01日
「こころ」について

過去の書き込み

ページの先頭へ