生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

アンケートによせて

投稿日:2018.03.31 名前:岡野桂子

遅ればせながら、アンケートの回答になっているかは怪しいですが、季刊生命誌を通して思ったことなど書いてみます。
「生命誌」は、私にとって一つの出会いの場です。年間テーマの言葉は、考えをめぐらすきっかけを与えてくれます。
散歩の途中、タネツケバナが一面咲いている田んぼがありました。種がたくさんついているからタネツケバナという名なのだと思っていましたが、あるとき、稲の種もみを水につける時期に咲くからだと知りました。それ以来この花を見ると、種を水につける時期ですヨ、種を水につけて、水につけて、と告げているように感じるようになりました。もう一つの見方や考え方が加わる。そんな経験が「生命誌」の中でも起こります。生きものを語ろうとして、生きものが語り始める。その声に耳を澄まして、こんな対話を通して一つの風景が見えてくる。地球の生きものたちの物語。生命誌の世界を思います。
日々の暮らしの中、買い物をしたり、ごみを出したり・・・生きものの存在や地球の営みを感じながら暮らしたい。地球の生きものの中にあってこそのヒトを感じるとき、地学や生物学はとっても大切な基礎科学だと思います。

お返事

投稿日:2018.04.06 名前:中村桂子館長

ごていねいなアンケート回答ありがとうございます。
自然については小さなことを知ることで、世界が拓けることがよくありますね。生命誌は「小さな生きものを見つめる」を基本にしていますので、とても嬉しいメッセージです。これからもお仲間としてよろしくお願いいたします。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2018年12月17日
《自由》と【多様性】の関り…
2018年12月17日
人が生きるとは
2018年12月17日
畑新人
2018年12月13日
季刊 生命誌99号
2018年12月05日
季刊生命誌WEBフォームより

最新のお意見

2018年12月15日
《自由》と【多様性】の関り…
2018年12月14日
人が生きるとは
2018年12月14日
畑新人
2018年12月13日
季刊 生命誌99号
2018年12月01日
「こころ」について

過去の書き込み

ページの先頭へ