生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

「生命誌」活用法(100号アンケート)

投稿日:2018.03.08 名前:瀬崎 勝二

 今度はどのような視点から生命誌を紐解くのかなと想いつつ、季刊を待つ間は少し長いのですが、退職後のペースには丁度良くなりました。郵便受けに「生命誌」を発見するわくわく感、いそいそと封を切り、生きることへの新たな視点に気づかされる楽しみ、様々な知見を思い出し、考えながら作る工作はもはや季節行事です。
 原子力研究に携わりながら、Fukushimaを経験し、地域の子どもから大人まで、科学教室を続けています。生きものの話題では、貴館の発刊物から引用させていただいています。DVD、紙工作には説得力があります。
 現代が抱える様々な困難を解決するには、一人ひとりが科学の知見を踏まえて考え、行動しなければなりません。生命誌の考え方に期待しています。

お返事

投稿日:2018.03.09 名前:中村桂子館長

応援ありがとうございます。こんなに楽しみにしている方が一人でもいて下さる限り、心をこめてつくっていかなければいけないと思います。
実は今、篠山紀信さんが撮影された廃炉の写真を中心につくられた「すごい廃炉」という本を読んで、本当に大変なことが起きてしまったものだと思っています。これを解決して普通に暮らせるようにすることが、今最も必要なことと実感しました。
生命誌も皆が普通に暮らせる社会に向けて小さなことを積み重ねていきます。よろしくお願いいたします。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2018年09月18日
おともだちになる本に
2018年09月18日
BRHメールマガジン vol.340 新着情報
2018年09月11日
BRH CARD 98号
2018年09月10日
RE:戦争反対
2018年09月10日
RE:戦争反対

過去の書き込み

ページの先頭へ