生命誌の広場

みなさんからのご意見

季刊生命誌について

「和」をめぐって

投稿日:2017.12.14 名前:岡野桂子

季刊生命誌95号ありがとうございました。普段接することのできない研究やお話に出会え感謝しています。
今年のテーマ「和」。考えさせられること多く思いがあちこち行き来します。そんな中、隠れて見えないもの、陰に隠れているものに目が向かいます。今回、土井さんの清らかな世界を中心に素材との対話を通して繰り広げられる世界、おかげんいかがですか、お陰様で、こちらこそ、お互い様で、そんな会話が聞こえてきます。間合いが整えられ生まれてくるお料理の世界。のどまるを思います。そして、盛りつけた瞬間料理から人間の気配は一切消えなくてはなりません、と。期を同じくして新聞で指揮者秋山和慶さんの、「いい音楽を聴いたね、そういえば誰が振ってたの」と、言いながら帰っていただくのが理想だという記事にであいました。向き合うものは違っても仕事のなさりように共通するものを感じ心打たれました。
さらに、けじめ。とても気になりました。自然から距離を置いて暮らし始めたヒト。自然の中で自然に解消されてきた「ケ」を自らで解消するしかなくなった。そもそも自然には「ケ」などなかった・・・。
取り留めなくいろいろ思いながら暮もせまりました。今年は身の回りの物や居場所を守ってくれた家に、いつもほったらかしでごめんなさい。お陰様で今年も無事過ごせましたと報告しながらお掃除しましょう。掃除機君他お掃除道具のみんなよろしく。少しはすがすがしい気分でお正月を迎えられたらと思っています。
1年、ありがとうございました。みなさまよいお年お迎えくださいますよう、来年もよろしくお願いします。

お返事

投稿日:2017.12.15 名前:中村桂子館長

これまで一つの動詞で続けてきましたのに、今年は私の頭から「和」という文字が離れず、「和」─なごむ、やわらぐ、のどまる、あえるとしました。「和」が離れなかったのはまず「平和」であり、そして「日本」です。今年はこれをとことん考えさせられた年でした。両方共なんだか危ない方へ、危ない方へと動いているようで「和」は来年も考え続けなければならないと思います。
土井さんとは波長が合いましたね。生命誌を日常とつなげて考えることはとても大切で今回はそれが思いきりできて楽しい話し合いでした。
投稿ありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2018年09月18日
おともだちになる本に
2018年09月18日
BRHメールマガジン vol.340 新着情報
2018年09月11日
BRH CARD 98号
2018年09月10日
RE:戦争反対
2018年09月10日
RE:戦争反対

過去の書き込み

ページの先頭へ