生命誌の広場

みなさんからのご意見

その他

入院を通しての雑感

投稿日:2017.09.26 ニックネーム:アキオスギ

久しぶりに投稿しました。先日、職場で体調が悪くなり、救急車で地元の赤十字病院へ搬送され、救急病棟に入院しました。検査の結果異常がなく4日間の入院で退院できました。いろいろなことを考えさせられました。その中で、特にお伝えしたいと思ったことが2つあります。1つ目は、救急病棟の看護師はほとんどが20代と思われる若い方々でした。病院の事情は分かりませんが、救急医療の現場は若い看護師の力で維持されていると感じました。若いゆえに経験不足はあると思いますが、様々な患者の病状や性格などに応じて誠実に対応している姿を目の当たりにし、若者に対する信頼感が増し、未来に希望を感じました。2つ目は、入院中で一番うれしかったことです。尿がたまりなかなか出ずに苦しかったのですが、ようやく出たときにいっしょに喜んでくれた看護師さんの笑顔です。私は現在、小学校で支援員をしていますが、もっともっと子供たちを信頼し、笑顔で励ましていこうと思っています。

お返事

投稿日:2017.09.27 名前:中村桂子館長

不順な気候ですので、体が悲鳴をあげますね。異常がないとのことよかったです。でもお大事になさって下さい。おっしゃる通り看護や介護の場で接する若い方は、明るくて、頼りになりますね。こんな時希望がわくのは同じです。一方で希望を絶つようなことをする方たちもいて・・・。誠実に明るく生きている人たちが評価される社会であって欲しいです。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ