生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

惰眠、不亦楽乎

投稿日:2017.07.20 ニックネーム:花置人

中村桂子様 肺炎でご静養中とのこと、一日も早いご快復をお祈りいたします。
グレン・グールド演奏の「ゴールドベルグ変奏曲」は私も大好きで、雨の昼下がり何か音楽を聴こうとするとき、棚から引っ張り出すのはたいていこのレコードです。
毎日新聞で「ホモピクトルムジカーリス」(岩田誠著)の書評を拝読しました。
「ネアンデルタール人も歌を持っていたと思われる・・・協同での狩りにはリズム合わせも大事・・・音楽や絵画は『社会的行動』と共にあると言える」大変興味深いお話です。
農耕民族系の私は国歌、軍歌、社歌といった類は敬遠しますが、バナナボートや馬子歌のような作業歌には親しみを感じます。
そして、音楽は「社会的行動」の基本となる「個人の精神活動」と深いかかわりがあり、まさに「ゴールドベルグ変奏曲」は先生が「科学者が人間であること」で述べられた、「川が生きている、雲も生きている、風も生きている」という生命論的世界観を感じさせる曲ではないかと思っております。
僭越ながらバッハなどの名曲を聴きながらの「惰眠」は時として新しい世界観を伴った「覚醒」につながることもあるかと存じます、このような屁理屈を口実に私は惰眠のひと時を楽しむこととしている次第です。
一日も早いご快復をと言いながら、勝手なことを申し上げました、くれぐれも御身お大事に。

お返事

投稿日:2017.07.20 名前:中村桂子館長

御心配をおかけして申し訳ございません。先生から一応の治療終了を告げられ後は無理をせずと言っていただいています。ヒトという生きものの特徴として集団をつくった時、そこに自ずと歌が生れたというのはなんとなくわかる気がしますよね。
暑いので無理をせず、少しづつ眼をさまそうかと思っています。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

過去の書き込み

ページの先頭へ