生命誌の広場

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

和まる

投稿日:2017.06.28 ニックネーム:花置人

「のどまる?」のお話を読んで、現役時代に勤務先の社内誌に「和」というテーマで一文を投じたことを思い出しました。
「『和』という言葉は会社では『社員一丸となって・・・』と同様の意味で使われるのが一般的だ。しかし絵画が単色ではなく様々な色の組み合わせで成り立つように、交響曲が様々な楽器の調和、時には不協和音も交えて聴く人に感動を与えるように、社員それぞれの個性を発揮する『和の環境』をつくる事こそが社員にとっても会社にとっても大切なことだと思う」というような趣旨だったと記憶しています。
これは、私がある技術部門を統括する立場に着任した時に書いたものですが、その任にあった数年間でどれだけ『和の環境』をつくることができたかと問われれば全くお恥ずかしい限りです。
技術の領域ですらこうですから、科学や政治の世界で「和まる」ことの難しさは想像に余るものがあります。
「科学者は人間であり、人間は自然の中にある」を基本に「人間が自然の中で人間自身は勿論、他の生物とも『和まる』ことのできる道」を求めて生命誌研究館の皆様がますますご活躍されますことをお祈りいたします。

お返事

投稿日:2017.06.30 名前:中村桂子館長

和は「一丸となって」とは違いますよね。御一緒にそうではない「和」を広めましょう。今の世の中の動きを見ていて、今年はどうしても「和」という文字を身近に置いておきたかったのです。これまでは、やまとことば、動詞ということで、平仮名で一つの言葉をとりあげてきましたが、「和」(なごやか、やわらぐなど)にしたのでした。なかでも和(あ)えるを主役にして。そうしたら今まで知らなかった「和(のど)まる」を教えられ(しかも子どもの時間に)、へえっと驚いた次第です。これから使うようにして自分の言葉にしたいと思っています。とにかく「和」を身近に置いて暮らすつもりです。またお考え、書き込んで下さい(和に限りません)。

1件中 1 - 1件目

考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

最新のお返事

2017年07月27日
素敵な本屋さん
2017年07月26日
「惰眠」で思い出したこと
2017年07月20日
惰眠、不亦楽乎
2017年07月20日
おだいじに
2017年07月13日
ヒントをありがとうございます

最新のお意見

2017年07月27日
素敵な本屋さん
2017年07月22日
「惰眠」で思い出したこと
2017年07月20日
惰眠、不亦楽乎
2017年07月19日
おだいじに
2017年07月08日
ヒントをありがとうございます

過去の書き込み

ページの先頭へ