生命誌の広場

生命誌は“生命“を基本に置き、最先端の生命科学の知見に基づき、「生きる」について考えています。このホームページを読んで思ったこと、研究館の活動について、みなで語り合う場を設けました。いろいろな方の考えを出し合ってこれからの生命誌につなげていきたいと思います。あなたの考えをお聞かせ下さい。

ご意見はこちら

みなさんからのご意見

中村桂子のちょっと一言

惰眠、不亦楽乎

投稿日:2017.07.20 ニックネーム:花置人

中村桂子様 肺炎でご静養中とのこと、一日も早いご快復をお祈りいたします。
グレン・グールド演奏の「ゴールドベルグ変奏曲」は私も大好きで、雨の昼下がり何か音楽を聴こうとするとき、棚から引っ張り出すのはたいていこのレコードです。
毎日新聞で「ホモピクトルムジカーリス」(岩田誠著)の書評を拝読しました。
「ネアンデルタール人も歌を持っていたと思われる・・・協同での狩りにはリズム合わせも大事・・・音楽や絵画は『社会的行動』と共にあると言える」大変興味深いお話です。
農耕民族系の私は国歌、軍歌、社歌といった類は敬遠しますが、バナナボートや馬子歌のような作業歌には親しみを感じます。
そして、音楽は「社会的行動」の基本となる「個人の精神活動」と深いかかわりがあり、まさに「ゴールドベルグ変奏曲」は先生が「科学者が人間であること」で述べられた、「川が生きている、雲も生きている、風も生きている」という生命論的世界観を感じさせる曲ではないかと思っております。
僭越ながらバッハなどの名曲を聴きながらの「惰眠」は時として新しい世界観を伴った「覚醒」につながることもあるかと存じます、このような屁理屈を口実に私は惰眠のひと時を楽しむこととしている次第です。
一日も早いご快復をと言いながら、勝手なことを申し上げました、くれぐれも御身お大事に。

お返事

投稿日:2017.07.20 名前:中村桂子館長

御心配をおかけして申し訳ございません。先生から一応の治療終了を告げられ後は無理をせずと言っていただいています。ヒトという生きものの特徴として集団をつくった時、そこに自ずと歌が生れたというのはなんとなくわかる気がしますよね。
暑いので無理をせず、少しづつ眼をさまそうかと思っています。

中村桂子のちょっと一言

おだいじに

投稿日:2017.07.19 ニックネーム:Teru

風邪をひかれたと・・気をつけてくだいさいね・・
ゆっくりしていただく神様の配慮かもしれませんね。
クラシックを聞きながら静養されていると・・
私は、ほとんどは、モーツアルトの曲から選んでます・・日本では、未だ音楽療法認めていないようですが・・セットで販売されてます。
最も好きな曲は別にあります・・・
朝食にはいろいろかけてます。
ご無理をされないように・・・

お返事

投稿日:2017.07.20 名前:中村桂子館長

御心配をおかけして申し訳ございません。あのお元気だった日野原重明先生が肺炎で亡くなられたというニュースにやはり気をつけなくてはと改めて思いました。生来怠け者なので怠けモードに入ればいくらでもそちらへ行きますから、それも気をつけてと思っています。

研究について

ヒントをありがとうございます

投稿日:2017.07.08 ニックネーム:エンドセラス

川名さま

ヒントになる先行研究を紹介してくださり、ありがとうございます。Google scalarにて先行研究をチェックしましたが、キジについて調べている方はいませんでした。

キジに限らず、鳥たちはどんなことを思いながら生きているのかを意識しながら論文を読ませていただきました。すてきな文章で、非常に参考になりました。ありがとうございます。
大まかに言ってみると、私たちの祖先も鳥でしたね。
レイチェル・カーソンの著書「センス・オブ・ワンダー」を読みながら、調べていきたいと思います。また質問させてください。よろしくお願いします。

お返事

投稿日:2017.07.13 名前:表現を通して生きものを考えるセクター川名

「生きている」を考える入り口はさまざまな所にあるなと日々、実感しています。また是非書き込んでください。

その他

進歩から多様の進化へ

投稿日:2017.06.30 ニックネーム:とらこ

先日、大阪中之島での中村桂子先生の基調講演を拝聴させて頂きました。これから時代の大きな転換期をどう考え、生きていくべきなのか、短い時間の中に凝縮された内容でわかりやすくお話して頂き、柔らかいお人柄も合わさってお話が心にスッと染み入りました。

私自身は現在、育児休業中で3歳と0歳の子育てに追われる日々なのですが、中村先生のカルチャーラジオでのまどみちおさんの詩から見る生命誌のお話を聞きながら家事を進めています。まどさん的、中村先生的な視点で「そのまんまで素晴らしいのだ」と子供や生き物をみる目を教えて頂き、自分なりに意識することで随分と救われております。

講演でもお話しされておられたように、「誰か偉い人」が行うのではなく、「私たち一人一人」が想像力を働かせ、考え行動していくことの重要性をしみじみと感じております。今の世の中、何かおかしいときっと多くの方が感じているところだと思いますが、今はきっと新しい「生命をベース」の素晴らしい時代に大きく変化していく転換期であると強く信じています。地球を我が物顔に好き勝手にする「人間様様」の考え方はもう限界が来ているはずです。

自分ができることは微々たるものではありますが、この素晴らしい地球の日本という国で生まれた恵みを少しでも子供たちにも感じてもらえるよう、日々を暮らしていきたいと思いました。貴重なお話本当にありがとうございました!
(小学校の農業科がもっと全国に広がることを私も願っております!まずは我が家では子供にも家庭菜園の仕事を一緒に手伝ってもらっているところです)

お返事

投稿日:2017.07.03 名前:中村桂子館長

ありがとうございます。今日は東京都議選の結果が出て(私は都民です)、まさに「私たち一人一人」が考えることが大事だと思いました。「偉い人」たちは「一人一人」を甘く見ていたように思います。一人一人が生活を大切に、自分で考えれば少しづつでも社会は変わると信じましょう。お仲間として御一緒に。

中村桂子のちょっと一言

和まる

投稿日:2017.06.28 ニックネーム:花置人

「のどまる?」のお話を読んで、現役時代に勤務先の社内誌に「和」というテーマで一文を投じたことを思い出しました。
「『和』という言葉は会社では『社員一丸となって・・・』と同様の意味で使われるのが一般的だ。しかし絵画が単色ではなく様々な色の組み合わせで成り立つように、交響曲が様々な楽器の調和、時には不協和音も交えて聴く人に感動を与えるように、社員それぞれの個性を発揮する『和の環境』をつくる事こそが社員にとっても会社にとっても大切なことだと思う」というような趣旨だったと記憶しています。
これは、私がある技術部門を統括する立場に着任した時に書いたものですが、その任にあった数年間でどれだけ『和の環境』をつくることができたかと問われれば全くお恥ずかしい限りです。
技術の領域ですらこうですから、科学や政治の世界で「和まる」ことの難しさは想像に余るものがあります。
「科学者は人間であり、人間は自然の中にある」を基本に「人間が自然の中で人間自身は勿論、他の生物とも『和まる』ことのできる道」を求めて生命誌研究館の皆様がますますご活躍されますことをお祈りいたします。

お返事

投稿日:2017.06.30 名前:中村桂子館長

和は「一丸となって」とは違いますよね。御一緒にそうではない「和」を広めましょう。今の世の中の動きを見ていて、今年はどうしても「和」という文字を身近に置いておきたかったのです。これまでは、やまとことば、動詞ということで、平仮名で一つの言葉をとりあげてきましたが、「和」(なごやか、やわらぐなど)にしたのでした。なかでも和(あ)えるを主役にして。そうしたら今まで知らなかった「和(のど)まる」を教えられ(しかも子どもの時間に)、へえっと驚いた次第です。これから使うようにして自分の言葉にしたいと思っています。とにかく「和」を身近に置いて暮らすつもりです。またお考え、書き込んで下さい(和に限りません)。

1315件中 1 - 5件目 次のページへ »

最新のお返事

2017年07月20日
惰眠、不亦楽乎
2017年07月20日
おだいじに
2017年07月13日
ヒントをありがとうございます
2017年07月03日
進歩から多様の進化へ
2017年06月30日
和まる

最新のお意見

2017年07月20日
惰眠、不亦楽乎
2017年07月19日
おだいじに
2017年07月08日
ヒントをありがとうございます
2017年06月30日
進歩から多様の進化へ
2017年06月28日
和まる

過去の書き込み

ページの先頭へ