館長中村桂子からのご挨拶:2001年
ごあいさつ:2001年
「ようこそBRHへ」
 生きものを知り、考え、生きものを大切にする社会へとつなげる場である「生命誌研究館」も8年がたちました。多くの方のおかげで、皆で考えながら私たちらしいことを楽しく進めて来ることができました。ところで、創立当初のメンバーのほとんどは、ここでの成果を認められて大学などへ招かれ、新人と入れ替わったので再び30代が中心の若い雰囲気の場になりました。生命誌第二期も面白く展開しそうで楽しみです。応援をお願いします。
 旧メンバーの転出先はBRHサテライトラボと考え、これからも仲間としてやっていきたいと思います。BRHは小さな組織ですが、こうして日本中、世界中に広がった組織でもあります。生きものについて、人間について考える活動ならすべて、芸術も哲学も含めて多くの方と手をつないでいきたいと思っていますのでよろしくお願いします。
 21世紀に入り、社会はなんだかよい方向へ向いているようには見えません。本当に大切なものは何か。私たちの活動は、一見のんびりしているように見えるかもしれませんが、事件、事件と騒いでいるうちに方向を失う方が怖いのではないでしょうか。
 生命誌という視点での研究や展示など、この館にいらして、ゆっくり考える時間を持っていただけたら幸いです。きっと何かが見えてくると思います。
 お待ちしております。
(2001年10月 JT生命誌研究館館長 中村桂子)
Greetings
Javascriptをオフにしている方は
ブラウザの「閉じる」ボタンでウインドウを閉じてください。